戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆長瀬(ながせ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「江住」(昭和24.5)を使用したものである

所在:田辺市長瀬
地形図:市鹿野/江住 
形態:川岸の低地に家屋が集まる
離村の背景:集落整備事業
標高:約200m
訪問:2007年11月

 

 大字九川(くがわ)東伏菟野の間にあり、集落は前(まえ)ノ川沿いにある。古い地図では3軒ほどの建物が見られ、橋が架かっている
 近世の牟婁郡長瀬村。明治22年三川(みかわ)村(のち大塔村)の大字となる。
 明治6年11戸・男28・女20、同24年9戸・男24・女23。農業のほか林業・丸太流しが生業。
 川が東伏菟野の南で大きく蛇行しており、この内側の岸がちょっとした平地になっている。集落はこの場所を利用しており、現在の地図でも集落跡には広い土地が見られる。なお国道371号からは川を挟んで対岸になる。
 現地には橋がなかったが、川は浅く、水もきれいだったので渡渉を試みた。(ただし丸木を組んだ簡素な橋が、取り外されて岸に放置されていた)(写真1)。川を渡った所には、集落入り口の石段がある。集落跡は低い石垣で段々になっており、耕地と数軒の民家があったよう。あちらこちらに石段も残る。植林がされており、放置された伐採木が多いため荒れた印象を受ける。タイル張りの遺構(浴槽?)(写真2)が残った敷地が2箇所あり、これは民家の跡だと思われる。山の斜面には墓地があり(写真3)、瀬戸物のかけらが散乱、数基の墓石が残る。坂下姓・田中姓を確認。
 集落内には、川と平行した道が1本走っている。これに垂直に交わり、川と斜面をつなぐ道が3本ほど見られた。川と平行の道に沿って、木製の電柱と電線が残っていた。
 川にかなり近い集落で、水面から最も低い民家跡までの高さは僅か数mほど。水害はなかったのだろうか。川沿いの草や灌木の様子から、少し前に人の背丈ほどの増水があったようだ。なお国道側にも耕地跡と倒潰家屋が2軒ある。
 集落再編整備事業により、昭和40年代後半に大字鮎川(あゆかわ) の集落整備団地に移転。

 


写真1 橋


写真2 浴槽?


写真3 墓地

写真4 倒潰家屋(国道側)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ