戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆錨(いかり)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「龍神」(昭和28.7)を使用したものである

所在:十津川村出谷(でたに)
地形図:重里/龍神

アクセント:カリ
形態:稜線上とその下の斜面に家屋が少数集まる
標高:稜線上・約600m 斜面・約500m(出谷小原バス停は約250m)
訪問:2008年11月・2010年10月

 

 上湯(かみゆ)川・松柱(まつばしら)谷に挟まれた山の稜線上とその南斜面にある。古い地図では1、2軒の建物と、稜線上に学校が見られる。七ッ森より約1.0km、松柱集落内の菊屋前バス停より約1.3km、県道735号より小原(おはら)集落を経由し約2.0kmとなっている。
 学校跡地には村教育委員会が建てた記念碑が立っている(写真1)。碑によると、学校は出谷小学校及び第六中学校出谷分校。碑がある場所はおそらく校庭で、道を挟んで反対側には建物の基礎のような遺構が見られる。ほか防火水槽のようなものも見られた。学校はかなり不便な場所にあるが、位置的には出谷の中心なので都合がよかったのだろう。稜線上までには各方面から道がつながっている。『十津川学校史』によると、沿革は以下のとおり(抜萃・一部改変)

 明治8.3  殿井学校・中番学校が合併し大字出谷字錨7283番地に校舎を建築、出谷小学校として発足。8小字内の児童を収容
 明治20.4  出谷尋常小学校と改称
 昭和16.4  出谷国民学校と改称
 昭和22.4  出谷小学校と改称。第六中学校出谷分校を併設
 昭和24.1  学校給食場を建築
 昭和30.8  水道工事完成。以前は児童生徒が当番制で学校および住宅用の水汲みをしてきた
 昭和39.4  学級数5・教員6名となる(複式学級1、他は単式)
 昭和39.5  中学校分離・廃校
 昭和40.4  全学年単式学級となる
 昭和44.4  西川第二小学校出谷校舎と改称
 昭和45.3  統合により廃校


 学校の隣の一段下がった場所には民家のような建物がある(写真3)。地元の方の話では民家は2軒ということなので(この2軒は南斜面にある)、教員の宿舎か何かだろうか。
 ここから小原集落に向かって斜面を降りていくと、別の家屋群が見られる。倒潰家屋が1軒と(写真5)、納屋のみが残る敷地が1箇所(写真8)。付近一帯は斜面だが、石垣があり畑の跡と思われる。尾根筋に家が建っているとはいえ、かなりの急斜面。
 地元の方の話では、無人になったのは昭和50年代くらい。1軒は小壁(こかべ)集落に移転した。校区は出谷一円
で、松柱や小松辿からも子供が通っていた。
 なお
崩ノ原の南の尾根から若山七ッ森錨―真砂瀬(まなごぜ)を結ぶ稜線の道は、古い地図では村道として描かれている。

 


写真1 記念碑


写真2 バイク


写真3 廃屋

写真4 廃屋にて

写真5 倒潰家屋

写真6 写真5・納屋

写真7 写真5・浴室

写真8 納屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ