戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆迫野(せいの)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「龍神」(昭和28.7)を使用したものである

所在:十津川村出谷(でたに)
地形図:重里/龍神
異読:はくの(採訪録)
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
離村の背景:(2世帯現住)
標高:約450m(迫野谷バス停は約360m)
訪問:2008年11月

 

 村の西南部、上湯(かみゆ)川の支流となる谷の奥にある。バス停に「迫野谷」があり、ここが入口となる。集落に着くと、谷沿いの傾斜地に建つ家々や傾斜地に作られた畑が見られる。
 地元の方や現住の方の話では、かつては3、4軒で1軒が小壁(こかべ)集落に転出、現在は2軒が暮らしている。うち1軒
には、若山から転出してきた(嫁いできた?)方が住んでおり、現在90歳代。山仕事で暮らしていた。千葉姓。
 「採訪録」では「迫野4、5戸」とある。
 出谷
の小壁番に所属。千葉姓4。家名(かみょう)(屋号)はシンタク・ウラ・マスヤ・ウエ。小松辿の一軒家はシンタクからの分家(『十津川の民俗』)

 


写真 斜面の畑と廃屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ