戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆七ッ森(ななつもり)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「龍神」(昭和28.7)を使用したものである

所在:十津川村出谷(でたに)
地形図:重里/龍神

アクセント:ナナツモリ
形態:山の鞍部の一軒家
標高:約650m(殿井バス停は約320m)
訪問:2008年11月

 

 上湯(かみゆ)川・松柱(まつばしら)谷に挟まれた山の稜線上の鞍部にある。古い地図では1、2軒の建物が見られる。迫野り約1.5km、県道735号より殿井(とのい)集落を経由し約2.5kmとなっている。
 集落には倒潰家屋(写真1)が1軒と農地の跡(写真2)が残っている。比較的新しい電柱も敷設されている。物置にはバイクがあったが、どこから登って来られたのかは分
からない。
―七ッ森―若山 (上部)の間は現在も道がしっかりしているので、錨以東のどこからか登って来られたのだろう(古い地図ではこの道は村道となっている)。廃屋の壁には何かの文章が見られた。消えかかっており内容は把握できないが、この家の関係者が何かの思いをこめて書いたものだろう。以下はその内容(/は改行、■は判読できず、>は2行をまとめている)。

昭和五十八年五月一二日/七ッ森に立って思ふ■■/■■…■■/千葉新蔵(?)■■/思いの■■/いよ■(様?)/ばあさん/>これらの人たち/を思ふ時に/現在(?)天理市(?)方(?)/■■でお■■■よう/御健康■■■■/千葉(?)■

 転出は昭和58年以前か。地元の方や迫野の方の話では、昔から1軒。「七ッ森」は屋号であるという。
 「採訪録」には「若山6戸。うち七ツ森1戸」とある。

 


写真1 倒潰家屋


写真2 農地跡(左)と道(右)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ