戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆入谷(にゅうだに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「彦根東部」(昭和26.9)を使用したものである

所在:多賀町霊仙(りょうぜん)
地形図:彦根東部/彦根東部 
異読:にゅうや(旧版地形図)
形態:山の斜面に家屋が集まる
標高:約300〜350m
訪問:2008年7月

 

 霊仙山の南西、芹(せり)川右岸の斜面にある。
 近世の犬上郡入谷村。明治7年
落合村・今畑と合併、霊仙村(のち多賀町)となる。
 県道沿いの入口には多くの物置小屋が並んでいる(写真1)。地元の方の話では、木炭を搬送するリヤカーなどを収めておくものだそう。芹川上流では、このような形態が他の山中集落でもよく見られる。集落では急な傾斜にへばり付くように家々が建つ。鋪装道路があるものの、四輪駆動でなければ登坂がきつい。たいてい斜面を登る車道はつづら折りになるものだが、ここは直線的に道路が延びる。かつての山道をそのまま鋪装したのだろう。集落内では9、10軒くらいの空家・廃屋が見られた。どの家屋も手入れがされており、人がいてもおかしくはない。無人ではあるが、夜には街灯が灯る。寺は了眼寺(りょうがんじ)
(写真6)、神社は谷神社(写真7)。大久保姓・西坊姓を確認。

 


写真1 物置小屋


写真2 集落を望む


写真3 車道と家屋群

写真4 浴槽(左)と流し台(右)

写真5 遺構

写真6 寺院

写真7 神社・狛犬と灯籠

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ