戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆中山(なかやま)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大河原」(昭和27.9)を使用したものである

所在:大鹿村鹿塩(かしお)
地形図:鹿塩/大河原 
形態:谷沿いに家屋が散在する
離村の背景:災害
標高:1,100〜1,150m
訪問:(2006年5月)

 

 滝沢の奥、中山沢の上流にある。古い地図では、沢に沿って5軒ほどの建物が散らばる。集落の奥にも小径が延び、高森(たかもり)山の北の峠を経て、北川女高の間に至る。
(なか)ノ沢の分岐からしばらく進んだが、道を見失いたどり着くことができなかった。
 村史によると、昭和36年6月の豪雨で全戸が村外に移住。集落の児童は桶谷の分校に在籍していたが、分校廃止後は大河原小学校までの通学が困難なため、1年生から全員寄宿舎で生活していたという。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ