戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆桃の平(もものたいら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大河原」(昭和27.9)を使用したものである

所在:大鹿村大河原(おおがわら)
地形図:信濃大河原/大河原 
異表記:桃ノ平(旧版地形図)
アクセント:モモノタイラ
形態:川沿いおよび山の斜面に家屋が散在する
標高:国道沿い・約850m 山中・900〜1,000m
訪問:2006年5月・(2013年11月)

 

 小渋(こしぶ)川の右岸、上青木(かみあおき)集落の南にある。
 古い地図で6軒、最近の地図で5軒くらいの建物が見られるが、建物の位置はあまり一致しない。現地で5軒ほどの民家を確認。新しいコンクリート製の電柱が立ち電線も通っているが、通電はしていないだろう。
 集落の中には広い土地がある(写真3)。ここは植林がされていないので、とても明るく開けている。ここには建物があったことを窺わせる石垣や酒壜が残る。スイセンが咲いていたが、ここの家の人が植えていたものの名残だろうか。集落の中心といった場所である。
 ある廃屋の縁側に、桃の平の「林野台帳」が置かれており、林野の名称とその所有者が書かれていた。隣の
深ヶ沢 も、ここに一緒に記入されている。
 なお『廃村と過疎の風景』によると、川沿いにかつて学校があったそう(大河原小学校青木分校・昭和36年閉校)。
 村誌によると、青木分校は大正13年、深ヶ沢分教場として発足。昭和22年に校舎を桃の平に移転し、青木分校と改称。深ヶ沢・桃の平の全児童が在学。
 2013年、桃の平地籍の国道沿いを通過(2006年には未訪問)。墓地があり明かりの灯っている家屋もあったが、HEYANEKO氏によると別宅で常住ではないとのこと。

 


写真1 廃屋


写真2 廃屋にて


写真3 平坦地

写真4 屋敷跡?

写真5 廃屋

写真6 廃屋にて


写真7 廃屋


写真8 廃屋にて


写真9 廃屋にて


写真10 廃屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ