戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆北川(きたがわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大河原」(昭和27.9)および同「市野P」(昭和34.12)を使用したものである

所在:大鹿村鹿塩(かしお)
地形図:鹿塩/大河原
形態:川沿いに家屋が並び、山の斜面に家屋が散在する
離村の背景:災害
標高:1,000〜1,100m(東斜面は1,200〜1,500m)
訪問:2013年11月

 

 大字鹿塩の北部、鹿塩川沿いにある。
 村誌によると、当地の開拓の始まりは明治7年。鹿塩村有林であった北川地籍を松本市の材木商が買い受け、10年契約で伐採作業者を入山させた。のち2社がそれぞれ10年ずつ、計30年間の伐木事業が行われた。伐採跡地の斜面を開墾し定住する伐採従事者が現れ始め、さらに明治12、3年頃からは木地師が入山し、定住。次第に戸数が増加した。明治18年頃には20戸程度(木地師13戸のほか、山師・農家)、同23年には25戸となった。しかし昭和36年6月の豪雨により、40戸全戸が移住。以下は同書より学校(鹿塩小学校北川分校)の沿革。

 明治10頃  小椋氏宅の一室を借り受け、寺子屋式の授業を開始
 明治31.4  北入尋常小学校の分教場となる
 大正5  鹿塩尋常小学校の分教場となる(北入尋常小学校が鹿塩尋常小学校の分校となったため)
 昭和36.6  大水害により校舎流出。児童は7月より本校へ収容
 昭和37.4  廃校


 現在沿道で見られる家屋は皆無で、枝道の先に1軒確認したのみ。屋敷跡もそれほど多くは見られない。最近の地図で右岸に記されている寺院の記号が見られるが、これは未調査。また時間の都合で東斜面に散在する建物も訪問せず。地区内には災害復興記念碑(写真2)が立ち、かつての大水害を偲ばせる。また神社そばの「頌徳碑」(写真6)は分校校庭にあったものが水害の際に流失し、のち発見され再建されたとの由。教諭(井上氏)の偉業を讃えたものと思われる。なお付近は中央構造線の露頭として名が知られているようで、北川露頭の案内がある。

 


写真1 蚕養神


写真2 災害復興記念碑


写真3 祠


写真4 何かの跡


写真5 神社


写真6 頌徳碑と祠


写真7 屋敷跡


写真8 甲子塚・庚申塚・馬頭観音

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ