戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆野田(のだ・のた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:小川村小根山(おねやま)
地形図:高府/大町
アクセント:ノ・ノ
形態:谷沿いの一軒家
標高:約750m
訪問:(2008年5月)・2015年11月

 

 土尻(どじり)川左岸支流沿い、ほぼ美麻村・小川村の境界線上にある。古い地図では1軒の建物が見られる。初引(はつひき)集落付近から鰐口経由するルートと、美麻村【現・大町市】の南田(みなみだ)集落付近から塩ノ入を経由するルートがある。
 かなり奥まで植林が施されており、まれに人は通るよう。道は沢の両岸に飛び飛びにある。付近までは行くことができたと思われるが、屋敷跡への入口は分からなかった。地元で炭焼きをしている
方(
中屋敷のページ参照)の話では、家は1軒。宮田(みやた)姓。なお「ノタ」と濁らずに呼んでいた。

 2015年改めて訪問。前回に比べ谷の荒廃が明らかに進んでいるが、道が手直しされた形跡もありまれに通る人もあるよう。しばらく遡ると、谷のそばに屋敷跡を1箇所確認。背後の斜面に登ると、宮田家の墓地(写真3)も見られた。この後左岸側の稜線を越え滝沢を訪れたが、850mの標高点付近には何かの祠が見られた(写真5)。
 なお2008年の訪問時は、集落の手前およそ250mのところで引き返していた。

 

 
写真1 屋敷跡
 
写真2 屋敷跡にて。農耕機械?
 
写真3 墓地
 
写真4 野田‐滝沢間の峠(野田側より撮影)
 
写真5 稜線上の祠

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ