戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆中屋敷(なかやしき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:小川村小根山(おねやま)
地形図:高府/大町
アクセント:ナカヤシキ
形態:谷沿いの一軒家
標高:約720m
訪問:2008年5月・2015年11月

 

 土尻川左岸支流沿いにある。古い地図では2軒の建物が見られ、最近の地図では荒地の記号になっている。初引(はつひき)集落の外れで炭焼きをしている方がおり、古山地区について詳しいという情報を聞いた。訪ねると、山中の消滅集落についてたくさんの話を伺うことができた。中屋敷について、この方が覚えている範囲では既に家は潰れていたという。しかし盆地になって開けているいい場所だった。ここの家は跡取りがなかったため消滅してしまったそう。
 
二又 から先は沢沿いの山道しかない。石の間を跳びながら渓流の左右を行き来するような道だが、山仕事や水道関係で入る人がいるようで踏み跡や桟道はしっかりしている。しばらく沢沿いに歩くと、右手の斜面が緩やかになった場所があった。斜面に入ると小平地もいくつか見つけることができたが、屋敷跡を特定できる物を見つけることはできなかった。

 2015年、小屋の訪問時に再訪。小屋方面との分岐までは道の手直しが行われているが、その先は前回よりも明らかに谷の荒廃が進んでいる。前回屋敷跡を確認できなかったのは経験の乏しさからと考えたが、今回も特定には至らず。植林が施され、段差の縁には竹が生えた平坦地があるが、ここが屋敷跡だろうか(写真3)。

 


写真1 農地跡?(以下2008年)


写真2 小平地


写真3 屋敷跡?(2015年)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ