戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆国直(くになお)



※ この地図は、陸地測量部参謀本部発行の1/50,000地形図「嘉手納」(大正10.12)を使用したものである(後述の「焼廻」も同様)

所在:嘉手納町国直
地形図:沖縄市北部/金武
形態:緩い傾斜地に家屋が散らばる
離村の背景:米軍による接収
標高:数十m

訪問:(2010年12月)

 

 

 町の東部にある。現在は大字の全域が米軍の軍用地で、嘉手納飛行場内。
 「角川」によると、大字国直はもと野里の一部。昭和26年頃大字として成立。
 なお大字国直所属の小集落に、焼廻(やきまわし/ヤキマージ)がある(下の画像。沖縄市上地(うえち)に跨り、上地にも小字焼廻原がある)。
 町史を見る限り、姓は徳里(とくざと)が多いよう。他に上運天(かみうんてん)・宮平(みやひら)・宮城(みやぎ)・山内(やまうち)など。
 いずれも軍用地内のため、現地は確認できず。

 


画像 焼廻

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ