戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆三ッ瀬(みつぜ/ミッデ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「漁生浦」(昭和21.11)を使用したものである

在:五島市奈留町船廻(なるまちふなまわり)字南河原(なんごら)
地形図:漁生浦/漁生浦
アクセント:ミツゼ・ミッデ
形態:海沿いに家屋が少数集まる
標高:数m

訪問:2015年5

 

 大字船廻の北東部。若松(わかまつ)島との間にある海峡「滝ヶ原瀬戸(たきがはらせと)」に面する海辺にある南河原の南隣で、所属する小字も同じ。
 南河原の元住民(矢神(やがみ)在住)の話によると、数戸の家があり土着の家はみな矢口(やぐち)家であったとのこと。「ミッデ」とも呼ばれていた。「三ッ瀬」は集落名および地形の呼称を兼ねている。
 訪問は矢神より。古い地形図では三ッ瀬・南河原市幾良各方面への道が記されているが、当地以外への道は不明瞭。
現地では1、2箇所の屋敷跡と、いくらかの農地を見ることができた。

 


写真1 集落遠景

写真2 市幾良方面(直進)・三ッ瀬方面(右)の分岐

写真3 農地跡

写真4 石垣と平坦地

写真5 屋敷跡入口

写真6 浜を望む

写真7 「岩がけ」の記号付近

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ