戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆車木(くるまき)

所在:津和野町相撲ヶ原(すもうがはら)
地形図:石谷/日原
アクセント:クルマキ
形態:谷沿いの一軒家
離村の背景:豪雪

標高:約380m?
訪問:(2015年8月)

 

 大字相撲ヶ原の南部、滝谷(たきだに)川支流の上流部にある。相撲ヶ原の笹ヶ峠(ささがとうげ)から、南に1km強の辺りか。
 町史によると、昭和37年の時点で1戸。この頃の豪雪(※)の直後離村。笹ヶ峠で伺った話でも同様。中田(なかた)家。
 車道を伝い谷の上流まで行き、作業道で谷まで降下。しかし谷筋は藪が深く、踏み込んだ探索はしなかったため生活の痕跡はいっさい確認できず。

※ 本文では「(車木・中ノ谷弥太郎は)三十七年の豪雪のあといち早く出ていった」とあるが、いわゆる「三八豪雪」のあった昭和38年と思われる

 


写真 上流の風景

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ