戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大畠(おおばたけ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「日原」(昭和33.5)を使用したものである

所在:津和野町相撲ヶ原(すもうがはら)
地形図:石谷/日原
形態:山中に家屋が少数集まる

標高:約330m
訪問:2015年8月

 

 大字相撲ヶ原の南部、笹ヶ峠(ささがとうげ)集落背後の山中にある
 町史によると、昭和37年の時点で2戸。笹ヶ峠で伺った話では、手前の家が中岡(なかおか)家の屋号「アブラメン」(表記不明。「油免」か)で、奥の家が村上(むらかみ)家の屋号「大畠」。
 いずれも笹ヶ峠から舗装道路が通じており、訪問は容易。両者の間にも建物が見られるが、人家ではなく作業小屋か物置であるよう。

 


写真1 「アブラメン」家屋

写真2 「大畠」廃屋

写真3 「大畠」墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ