戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小虫(こむし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「三段峽」(昭和32.11)を使用したものである

所在:益田市匹見町匹見
地形図:野入/三段峡
アクセント:コムシ
形態:谷沿いに家屋が集まる

標高:約500m(登り口は約330m)
訪問:2013年5

 

 大字匹見の北部、匹見川左岸の支流沿いにある
 現地では2軒の屋敷跡と谷に沿った農地跡を確認。地元の方の話によると、3軒が暮らしていたという。
 町誌によると、県による過疎地域対策事業のため3戸19人が集団移転。広見
小平でも事業の一環として同様に行われている。広見の移転時期は昭和45年12月であり、小虫も同時期と思われる。

 


写真1 農地跡

写真2 屋敷跡(納屋)

写真3 別の屋敷跡にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ