戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆俵石(たわらいし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新宮」(昭和28.4)を使用したものである

所在:新宮市高田(たかた)
地形図:新宮/新宮 
アクセント:タワライシ
形態:山中の道沿いに家屋が散らばる
標高:約300〜400m(市役所の高田支所は約60m)
訪問:2008年10月

 

 烏帽子(えぼし)山の東、光ヶ峯(ひかりがみね)の北にある。古くは高田村の枝郷、俵石村。かつての高田村の中心から那智勝浦町の大字市野々(いちのの)を結ぶ山道の上にあり、集落の南には烏帽子山・光ヶ峯の稜線を越える大杭(おおくい)峠がある。
 地元の方の話では、不便な場所
なので峯地 よりも早くに人が出て行ったとのこと。ただ、しばらくは1軒のみが暮らしていた。姓は千葉(ちば)3・市野(いちの)2・川原(かわはら)・深瀬(ふかせ)・大野(おおの)・野本(のもと)・原山(はらやま)・和田(わだ)が1軒ずつ。多くの姓があるが古い集落。林業が生業の集落で、田畑も作っていた。
 集落では3軒の廃屋(写真1〜3)・1軒の倒潰家屋・ほか数箇所の屋敷跡が見られた。それぞれの家の周りには広大な農地がある。銘々に広い農地を作れそうな場所に居を構え、集落が形成されていったのだろう。なお集落の最奥部にある屋敷跡は、車道の終点からおよそ2.5kmもある。
 地名は、集落内に散見する巨石(写真6)に由来か。特に集落中部に多く見られる場所がある。

 


写真1 廃屋

写真2 廃屋

写真3 廃屋

写真4 農地跡

写真5 石積み


写真6 巨石群

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ