戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆堀切(ほりきり)

所在:新宮市相賀(おうが)字堀切
地形図:新宮/新宮 
形態:山中に家屋が散らばる
離村の背景:(現住?)
標高:約50〜100m(相賀バス停は約20m)
訪問:2008年7月

 

 熊野(くまの)川の支流、高田(たかだ)川の左岸にある。最近の地図にも集落の記載があるが、正確には背後の山中の地域を指す。川沿いは高目(たかめ)班と呼び、小字にも「高目」がある。
 集落へは、旧相賀小学校(昭和55年廃校)の前を横切って山道へと進む。高目と堀切の境界ははっきりしないが、山道に入って最初の土地にでは、水田が手入れされ人の気配がありそうな人家があった。なおこの手前に階段を登る分岐があるが、奥へ続く本道はこちらである(直進すると廃屋で行き止まり)。集落内では、倒潰している古い家や空家など数軒見られる。道沿いには、段々になった農地が続く。堀切姓・阪本姓・岡姓などを確認。

 


写真1 空家


写真2 廃屋


写真3 空家

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ