戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆桜股(さくらまた)

所在:十津川村杉清(すぎせ)
地形図:伯母子岳/伯母子岳

形態:川沿いの一軒家
標高:約580m
訪問:2008年12月

 

 『十津川郷採訪録』で見られる地名。「井ノ岡 から2町(≒220m)余り下手で、南から入る桜股という川のちょうど出合、右岸が少し平らになっていて家が1軒あった」とある。岡田家(屋号も「岡田」)。家のそばには高石権守の五輪塔がある。
 それらしい場所には最近の地図にも建物が見られる。訪れてみると実際に廃屋(写真1)があったが、これは屋敷跡を利用して建てられた飯場だろう。ほか農地跡や石塔(写真2)が見られ、この石塔は先述の高石権守のものと思われる。

 


写真1 廃屋

写真2 石塔

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ