戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆沢渡(さわたり)

所在:十津川村杉清(すぎせ)
地形図:伯母子岳/伯母子岳

形態:川沿いの斜面に家屋が集まる?
離村の背景:災害
標高:?
訪問:―

 

 大字杉清の東部、神納(かんの)川右岸にある。資料にて存在を確認したものの古い地形図に地名の記載がなく、長らく所在が不明であったが、『十津川郷採訪録』の口絵に杉清の略図が描かれており判明。
 
『十津川郷採訪録』によると、家々は以下のとおり。いずれも明治の水害で転出。

番号 屋号 備考
1 沢本 藤田

昭和初期、村内小山手(こやまて)の片川(かたこう)へ転出

2 広サコ

昭和5年頃転出

3 沢渡

清原のへ転出

 なお三田谷(びただに)口の本流対岸少し上手にあり、当時は水田地区で、農作業の小屋が2、3軒あったよう。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ