戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆出合(であい)

在:京丹後市弥栄町須川(すがわ)字出合?
地形図:丹後平/網野
アクセント:デアイ
形態:谷の合流部に家屋が少数集まる
離村の背景:最終は豪雪
標高:約260m
訪問:2010年8月

 

 町の西部にある黒川住山方面から流れる谷と、宮津市木子(きご)成谷方面から流れる谷の合流部付近。古い地図に地名の記載はないが、該当箇所には建物が見られる。
 須川の集落より先、地図上の実線部分は道が悪いものの自動車で行くこともできる。ここより破線部は徒歩となるが、ある程度の道幅がある。道の状態は悪いがほぼ迷うことはない。集落付近では、対岸や道沿いにいくらかの平地が確認できる。訪問時はこのうちのひとつが屋敷跡ではないかとも思ったが、後に須川で伺った話では、2軒の宅地は合流部の内側にあったという。
 『ふるさと野間』によると、離村まで電灯が灯ることはなかった。

 論文「丹後地方における廃村の多発現象と立地環境との関係」によると、明治初期3戸、昭和36年1戸、昭和40年に無人化。須川の端郷。

 


写真1 石垣

写真2 農地跡にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ