戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小原(おはら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「敦賀」(昭和26.9)を使用したものである

所在:長浜市余呉町小原
地形図:中河内/敦賀
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約250m
訪問:2011年6月

 

 町の北部、高時(たかとき)川上流右岸にある。丹生(にう)ダムによる水没予定地。
 町誌によると、奥川並針川尾羽梨に続き集団移転を行う予定であったが、営林署の予算不足により山林の売却ができず、住民の移転資金が確保できなかったために計画は頓挫してしまったという。当時昭和46年、9戸36人。のち小原地内にダム建設が計画され、離村に至った。
 集落跡は緩やかな斜面になっており、南寄りにある山道を登ると屋敷跡と思われる石垣が数箇所見られる。傾斜地の下方中央寄りには水場や特徴的な何かの柱?が見られた。また集落北側、県道を挟んで谷側に建物のある平坦地があるが、何かの跡だろうか。
 HEYANEKO氏の調査によると、集落には丹生小学校小原分校があり、昭和54年休校、平成8年閉校。
 なお大字小原は近世の伊香郡小原村。明治22年丹生村(のち余呉村→余呉町)の大字となる。明治13年18戸73人、昭和53年9戸32人。かつては製炭業が主な生業。春日神社があった(角川)。

 


写真1 地名表示


写真2 石垣と道


写真3 水場

写真4 ?

写真5 北側の平地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ