戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆戸中(とちゅう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「満島」(昭和21.12)を使用したものである

所在:浜松市天竜区水窪町地頭方(じとうがた)
地形図:水窪湖/満島
離村の背景:ダム建設
形態:川沿いから斜面にかけて家屋が集まる
標高:約500〜600m(水面は約500m)
訪問:2013年11月

 

 大字地頭方の西部、戸中(とちゅう)川沿いにある。現在は水窪ダムの建設により一部が消滅。
 堰堤付近の絵地図「栃生会 湖底に消えた思い出の村」によると、右岸に佐藤・嶋野・
水嶋各1、左岸に金沢?・瀬戸口各1の計7戸(時期は不明)。東側山中の峠(とうげ)集落にあった学校(水窪小学校および中学校の大地分校)への通学路も記されている。
 現地には戸中橋(写真2)が架かり、袂の路傍には石仏や石塔が並んでいる(写真3)。判読できたものでは「大日如来」「馬頭観音/牛頭観音」「大日如来/三十三所觀世音」「庚申塚」といったもの。また方面への登り口には
「しで」が垂らされた小さな社(写真4)が置かれているが、何が祀られているかは不明。確認できた宅地は右岸斜面で2箇所(廃屋)、左岸で1箇所(屋敷跡)。
 なお旧役場の方からの情報によると、水没集落(両久頭小又瀬戸尻・戸中)の解散式が昭和41年11月9日であり、離村時期もこの辺りではないかとのこと。また解散式直前で、4集落併せて33戸155人(昭和41年6月)。

 


(写真1 水窪ダム)


写真2 戸中橋(以下左岸)


写真3 石仏・石塔群

写真4 社

写真5 屋敷跡

写真6 廃屋

写真7 屋敷跡(以下左岸)
※ 以下フラッシュ使用

写真8 火の見櫓

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ