戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆釜井(かまい)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「明智」(昭和35.11)を使用したものである

所在:恵那市串原
地形図:川ヶ渡/明智
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約280m(水面は約290m)
訪問:2013年11月・2014年4月

 

 村の南部、矢作(やはぎ)川右岸にある。現在は矢作第一ダムの人造湖(奥矢作湖)に水没
 現地には小さな「釜井公園」(写真4)があるが、集落の面影はまったくない。園内に祀られている「根勢神(※1)」は、水没に伴い移転したものか。また集落から少し上流側には串原発電所の跡(写真7)があり、湖面そばには遺構も確認できる
。また湖岸には、串原発電所の跡が水没せずに残存。

※ 「勢」の左上は「生」

 村誌の「水没者とその移住先」および巻末の住宅図によると、離村直前の家と移転先は以下のとおり(おおよそ上流側より。このほかに中部電力の社宅が6戸。「集団移転」についてはこちらを参照)。

番号 移転先 集団移転
1 安藤(※2) 岐阜・明智町【現・恵那市】
2 鈴木

愛知・豊田市

 
3 安藤

岐阜・土岐市

 
4 大嶋 愛知・豊田市
5

6 大島
7 大島 (※3)  
8 大嶋(※4) 豊田市  
9 愛知・刈谷市  
10 大島 愛知・春日井市  
11 豊田市
12 大嶋  
13 岐阜・多治見市  
14 大島 豊田市
15
16 三宅 静岡・富士市  
17 伊藤 岐阜・恵那市  
18 大内 (※3)  
19 大島 豊田市

※2 「水没者とその移住先」では漆畑となっているが、住宅図では釜井に含まれており、ここでは釜井として扱った
※3 住宅図には記されているが、「水没者とその移住先」に該当者なし

※4 住宅図では「大島」
※5 このほか住宅図になく「水没者とその移住先」に記されているものに「大島」がある。岐阜・多治見市に移転

 村誌巻末の住宅図からは、集会所(公民館?)や何かの堂宇があったことが窺える

 


(写真1 矢作第一ダム)
(写真はすべて2014年)


写真2 集落付近

写真3 地名表示

写真4 釜井公園

写真5 公園にて。灯籠と根勢神

写真6 県道脇の石仏

写真7 発電所跡遠景

写真8 発電所跡

写真9 写真8にて。便所等の遺構

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ