戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆棚ノ川(たなのかわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:長野市信州新町信級(のぶしな)字棚ノ川
地形図:日名/大町
形態:山中に家屋が少数集まる
離村の背景:最終は移転事業
標高:約800m
訪問:2010年5月

 

 町西部にある
 権田の方の話では、かつては3軒。長野市篠ノ井(しののい)・大町市にそれぞれ1軒が転出。その後最後の1軒(保科(ほしな)家)が移転事業により、大字竹房(たけふさ)にある道祖神(どうそじん)団地へ移転した(昭和50年代)。棚ノ川と宇内坂(うないざか)の間に信級(旧信級村)・山穂刈(旧津和村)の境界があるため、棚ノ川の子供は目前の宇内坂の学校には通わなかった。権田とともに、通学は峠(とうげ)集落にあった信級小学校。
 現地に残っている家屋が1軒だが、蔵は数棟建っている。墓地には真新しい花が供えられており、現在も元住民が訪れていることを窺わせる。

 


写真1 家屋

写真2 蔵

写真3 墓地。左には花が挿してある

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ