戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆今崩(いまくずれ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:小川村瀬戸川(せとがわ)
地形図:高府/大町
形態:山道沿いに家屋が散在する
標高:800〜900m
訪問:2008年5月

 

 神楽岡(かぐらおか)集落の北にある。古い地図では3軒くらいの建物が見られる。
 現地では蔵が残る屋敷跡が2箇所(うち1箇所は母屋の木組みが残る)(写真2・3)、何かの敷地が1箇所、墓地(伊藤姓・和久姓)を2箇所見つけることができた(写真4)。訪問時は
沢之宮 ・神楽岡各集落の間にある分岐より山道を登っていったが、李平白地 を結ぶ林道から下ったほうが近い(手元の地図には道が載っていなかった)。
 資料『桐山の民俗』によると、文政8(1825)年5戸(「馬曲村絵図」)、天保10(1839)年5戸(同)、明治35年5戸39人、昭和47年3戸15人。巻末の「話者一覧表」では、4名が和久氏、2名が伊藤氏。

 


写真1 農地跡?


写真2 蔵


写真3 壁の木組み

写真4 写真3別角度

写真5 墓地

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ