戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆栃平(とちだいら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白馬嶽」(昭和23.7)を使用したものである

所在:長野市鬼無里日影
地形図:塩島/白馬岳
アクセント:トチダイラ
形態:山中の一軒家?
標高:約1,000m 
訪問:―

 

 八方(はっぽう)沢の奥にある。古い地図では2軒の建物が見られる。
 
落合 の方の話では、ここにはかつて木地屋(きじや)が1軒住んでおり、椀などの木地を作って暮らしていた。石塔のような墓もある。なおもともと家があった場所ではなく、ここに居を構える以前は柄山(からやま=山名)のほうに暮らしていた。栃平にしばらく暮らした後は、昭和32、3年ころ長野市内の東和田(ひがしわだ)に出たという。小椋(おぐら)姓。皇族の流れの人物という話もあり、家紋は菊紋だという(ただし花弁が15本。1本少ない)。真相は不明。
 沢沿いに登ったものの、確信が持てず途中で引き返してしまった。
 「村史」に人口の記載なし。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ