戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆西越(にしごし)開拓地

所在:長野市鬼無里
地形図:戸隠/戸隠 
形態:山中の平坦地に家屋が散らばる
標高:1,050〜1,100m
訪問:2008年5月

 

 一夜山(いちやさん)の北東、冷(つめた)沢の上流にある。
 現地は緩やかな傾斜が広がっており、広い農地跡が見られる(写真1・2)。植林もされていないのでたいへん開けた印象がある。作業小屋のような平屋の建物が数軒点在しており、中にはいろりや生活用品も見られる。東側には、現役の畑とトラクター(写真3)、人家に近い造りの家屋もある。集落を少し入ると「原山傳翁之碑」が建っている(写真4)。氏は開拓に貢献した人物らしい。以下は碑の裏に刻まれた文章全文。(■は判読できず)

  畧歴
 故原山傳翁は明治三十二年三月三十日財又部落原山亀吉郎■長男に生れ幼少より大度活淡■■…■■昭和十七年戦時中の食糧難に鑑み十八部落共有地西越地区を■■開墾に着手される 昭和二十九年終戦後の食糧増産を期に国■に従い西越開拓地として開放し以来先駆者として率先 部落入植者の指導に当たっ■■…■■二ヘクタール余の開田となり農業経営の基盤を作る また翁は地域開発のため林道財又線の開発に尽力され開拓地え(ママ)の要路とされた
 今回西越開拓十三周年に当り開拓に貢献された翁の偉業を偲び■■…■■立派な成果を挙げられた功労を永遠に讃える
 昭和四十四年八月十五日建立
(以下略)

 なお碑には有沢・戸谷・原山・加藤・曽根石・樋口などといった姓が見られる。おそらく石碑の建立に関わった入植者なのだろう。

 


写真1 建物と広い土地


写真2 農地跡  


写真3 トラクター(右)と畑(左)

写真4 碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ