戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆冷沢(つめたざわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白馬嶽」(昭和23.7)を使用したものである

所在:長野市鬼無里日影(ひかげ)
地形図:塩島/白馬岳
形態:川沿いの斜面に家屋が少数集まる
標高:約950m
訪問:2008年5月

 

 奥裾花(おくすそはな)湖の西側斜面にある。現在、小佐出(こさで)集落より先は奥裾花自然園となっており、入口の道端には料金所がある。集落跡はこの地域内にあるため、入園料(\400)が必要。
 料金所の方に集落の話を伺うと、この方が知る範囲では家は2軒、長橋(ながはし) 姓。離村時期は昭和55、6年。奥さんの具合が悪くなって転居したとのこと。電気は来ていなかった。ここの水田では良い米が収穫できるため、他地域からも田を作りに来ていたそう。
 奥裾花大橋を渡り、道なりに進むと左手に集落跡がある。跡地では屋敷跡と思われる場所が1箇所(写真1)、屋敷跡が1箇所(写真2・3)。農地跡も見られる。なお道の右手には斜面を下る道があり、緩やかな傾斜の土地がある(写真4)。整地こそされているが、かつての水田だったのだろうか。
 大正3年に4世帯20人。なお大字鬼無里(旧鬼無里村鬼無里)には、「冷沢」という沢が複数ある。

 


写真1 屋敷跡?


写真2 倒潰家屋


写真3 倒潰家屋

写真4 水田跡?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ