戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆入道(にゅうどう?



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「飯田」(昭和27.7)を使用したものである

在:飯田市上飯田(かみいいだ)
地形図:飯田
/飯田
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約1,000m
訪問:2013年11

 

 大字上飯田の中部、松(まつ)川支流沿の西俣(にしまた)川左岸斜面にある。県道から林道松川入線に入り、約3kmほど。松川入地区の入口に当たる。
 現地では松川入線沿いに「松川入財産区入道事務所」(写真1)、小西川線との分岐付近に「松川入民有林直轄治山現場事務所」、また分岐を過ぎた松川入線沿いに何かの廃屋(写真2)が見られた。なお「入道事務所」には緊急時に備え公衆電話が置かれている。
 資料
『失われた村の生活』によると、明治2年、松川入地区の最初期の開拓者として小林氏が定住したとのこと(同時に須官に野口氏、砂古谷に塚原氏が入植)。

 


写真1 事務所


写真2 施設の廃屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ