戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆下七尾(しもななお/シモナロー)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「鰍澤」(昭和27.8)を使用したものである

所在:富士川町小室(こむろ)字下七尾
地形図:鰍沢/鰍沢
形態:山中に家屋が集まる
標高:約520m
訪問:2009年8月

 

 戸(と)川右岸、現在の戸川レジャーセンターの向かいの山中にある。
 
家に訪れていた方(昭和12年生まれ)の話では、現在常住の世帯はないが、3軒は人の出入りがあるという。1軒はこの方の家で、今もほぼ毎日通い山仕事の拠点にしている。犬もたくさん飼っているが、いつもここに置いているのだそう。限りなく常住に近いといえる。別の1軒は、他地域の人が別荘として使っており、もう1軒も借りているもの。覚えている範囲で、9軒の家があった。寺院は宗林(そうりん)寺で、跡地も教えていただいた。
 
なお上七尾・下七尾・平清水を併せた「平尾(ひらお)」という呼び名がある。
 以下町史より引用。

 10軒の農家があったが、現在5軒残っている。養蚕が主業だが、1軒は水田をつぶして牛舎を建て、牛を数頭飼育している。住んでいる人の話によると、ここの先祖は昔戸川を隔てた向かいがわの山の、頭部の「池ノ平(いけんていら)」に住んでいたが、後に川沿いの「下平(しもんていら)」に下り、さらに現在地に登って来たもので、今なお「池ノ平」には墓地と耕地が残っているといわれている。
 
七尾明神社と宗林寺があるが、宗林寺はいつか廃寺となった。

 


写真1 集落にて

写真2 人家

写真3 人家

写真4 人家

写真5 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ