戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上七尾(かみななお/カミナロー)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「鰍澤」(昭和27.8)を使用したものである

所在:富士川町小室(こむろ)字上七尾
地形図:鰍沢/鰍沢
形態:山中に家屋が集まる
標高:約650m
訪問:2009年8月

 

 戸(と)右岸、現在の忍沢(にんざわ)養殖場の向かいの山中にある。古い地図では10軒くらいの建物と寺院、北西の道沿いには桑畑が見られる。
 
集落跡は管理された家屋が2軒残り、うち1軒(写真1)は工房?として別の人が借りているよう。もう一方の敷地の一角には「離郷之碑」(昭和54年、秋山家による建立・写真4)が建っている。以下はその全文(一部に綴じの括弧がないのは原文のまま。■は管理人による伏字)。

秋山家は初代■■(天文一五三二年より四四六年間にわたり上七尾(小室■■番地に居住する 第一五代当主■■(昭和五十四年一九二八年没)に当り増穂町長沢に移住この碑建立


 以下町史より引用。
 部落の上手に七尾大明神社がある。10軒あった農家が現在412人で、養蚕を主業としている。

 


写真1 人家

写真2 廃屋

写真3 寺院?

写真4 離郷之碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ