戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆奥平(おくびら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「經ヶ嶽」(昭和24.1)を使用したものである

所在:大野市上打波(かみうちなみ)字奥平
地形図:願教寺山/越前勝山
異読み:おこびら?
アクセント:オビラ
形態:山中に家屋が少数集まる

離村の背景:災害?
標高:約880m
訪問:2012年11月

 

 大字上打波の北部、九頭竜(くずりゅう)川支流の打波川右岸山中にある。
 小池地区の小集落だが、現在の小池公園には含まれていない。
 中島に展示されている集落の地図(昭和30年頃)には、加藤・中村・和歌の計3戸が記載されている。なお「おこびら」のルビが振られているが、このような読みもあるのかもしれない。
 下小池の南、標高1,046mのピーク(円(まる)山)の南部中腹に沿って県道が通っているが、このうち植林地になっている付近が集落への登り口。現地では屋敷跡に建てられたと思われる小屋が2棟、ほか屋敷跡を1箇所確認。緩い谷には農地跡と思われる段々の平坦地も見られる。踏み跡に従い下小池へ下る峠まで行ってみたが、特に何も見られず。ただし道の北側が緩やかな土地になっており(写真9)、先述の地図では小池神社がこの付近に記されていることから、よく調べずに引き返したことが悔やまれる。

 


写真1 小屋

写真2 小屋

写真3 屋敷跡

写真4 遺構

写真5 農地跡

写真6 巨木

写真7 峠への道

写真8 峠付近

写真9 峠の平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ