戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆老羅(おいら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「小濱」(昭和27.1)を使用したものである

所在:おおい町名田庄納田終(のたおい)
地形図:口坂本/小浜
アクセント:オイラ
形態:川沿いに家屋が散らばる?
離村の背景:移転事業
標高:約300m
訪問:2012年11月

 

 大字納田終の西部、南川沿いにある
 手持ちの地形図に地名は記載されていないが、村誌(平成16刊行)によると、集落整備事業により昭和48年度に1戸が納田終地内へ移転したとのこと。
付近での話で谷口よりも上流に「老羅(おいら)家」が居住していたことを伺ったが、これは同一のものと思われる。なお支流の片又(かたまた)谷にも3、40年前まで片又(かたまた)家が暮らしていたという(老羅に含まれるかは不明)。いずれも水田を作って暮らしていた。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ