戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆持穴(もちあな)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「荒島岳」(昭和22.3)を使用したものである

所在:大野市箱ヶ瀬(はこがせ)
地形図:越前朝日/荒島岳
形態:川の合流部に家屋が多数集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約500m(水面は約m550)
訪問:2012年11月

 

 村の中部東寄り、九頭竜川と面谷(おもだに)川の合流部にある。
 村史によると、集落内にあった学校は日進小学校白馬分校(昭和29.9-同34)および東部中学校(昭和33.11.1-同40)。中学校は大谷にあった大和中学校と下半原にあった日進中学校が統合した際、当地に設けられた。また明治期の数年間には持穴小学校も置かれていたよう。
 同書の付図には、阿部3・小沢3・尾崎2・鳥山2・長谷川2・水口2・石神・伊藤・大久保・清水・高谷・田中・轟・中谷・西川・西倉・布尻・深谷・美濃島・八木各1の計28戸が記載されている(うち空家3戸)。また転出先は大野市3・愛知14・岐阜9。
 「角川」によると、もと箱ヶ瀬の枝村。大字としての持穴(※1)は、近世の大野郡持穴村。明治22年上穴馬村(のち和泉村)の大字となる。昭和38年から九頭竜川電源開発事業が始まり、長野に九頭竜ダムが建設されることになり、全住民が離村。
 集落は完全に水没しているが、湖畔には「望郷」の碑(昭和41年建立)(写真3)がある(※2)
 なお地内の白馬洞(はくばどう)は九頭竜川支流の子馬巣(こます)谷にある鍾乳洞。観光地であったが現在は閉鎖されている。ここから一頭の白馬が現れ、飛騨を通り木曽の山に登り、駒ケ岳になったという伝説がある。

※1 手持ちの道路地図および地図サイトを見る限り大字としての表記はなく、現行の大字ではないよう
※2 阿部3・小澤3・尾崎2・鳥山2・長谷川2・水口2・石神・伊藤・清水・高谷・田中・轟・西川・深谷・美濃島・八木各1の計24戸が挙げられている

 


写真1 集落付近

写真2 地名表示


写真3 碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ