戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆杉平(すがだいら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白木峰」(昭和28.12)を使用したものである

所在:富山市八尾町杉平
地形図:利賀/白木峰
異表記:杉ヶ平・杉ガ平
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約560m
訪問:2011年6月

 

 町の南部、大長谷(おおながたに)川右岸にある
 町史によると、地名の由来は切詰の人がこの地を開拓した初めに杉の木を植えたことによるという。もと切詰村の枝村。
 現在は大長谷温泉や「白木(しろき)峰21世紀の森」の一部として整備され、集落跡には何軒かの施設と畑がある。キャンプ場はかつての農地を利用している思われ、段々になった土地や石垣も見て取れる(写真3)。
 大字杉平は近世の婦負郡楡原(にれはら)郷の杉平村。明治22年大長谷村(のち八尾町)の大字となる。慶応4年6戸28人。昭和5年6戸49人(角川)(刊行当時既に無人)。

 


写真1 集落跡

写真2 墓

写真3 キャンプ場にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ