戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆薄尾(すすきお/ススキョー)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白木峰」(昭和28.12)を使用したものである

所在:富山市八尾町薄尾
地形図:利賀/白木峰
形態:山中に家屋が集まる
標高:約550m(国道沿いは約380m)
訪問:2011年6月

 

 町の南西部、大長谷(おおながたに)川左岸山中にある。現在の新大長谷第一発電所の背後の尾根上に集落があった。
 町史によると、地名の由来は
西井氏の祖先が開墾をしていた頃、ススキによく似た草が繁茂していたことからという。
 発電所付近より山道を登るのが本来のルートだが、現在は花房(はなぶさ)より清水(しょうず)を経由し、林道で訪れることができる。集落跡の尾根上に到着すると、草に覆われた広い平坦地が見られる(写真2)。後に整地されたものかもしれないが、家屋や神社(八幡社。薄尾1番地)はこの一帯にあったよう。現在は跡形もない。なお訪問時は先の林道工事のためか、プレハブの詰所があった。
 大字
薄尾は、近世の婦負郡楡原(にれはら)郷の薄尾村。明治22年大長谷村(のち八尾町)の大字となる。昭和5年4戸21人、同50年2戸5人(角川)。

 


写真1 集落遠景(送水管上端から右上の平坦地)

写真2 集落付近

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ