戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆滝首(たきがしら



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「野澤」(昭和24.12)を使用したものである

在:阿賀町七名(ななめ)
地形図:安座
/野沢
形態:谷沿いに家屋が集まる

標高:約360m
訪問:2016年11

 

 大字七名の中部東寄りにある
 現在集落跡は「たきがしら湿原」として整備され、自然観察や散策が楽しめる憩いの場となっている。林道滝首線が通じており、車輌での訪問が容易(ただし1q以上手前に、開園時間に合わせ開閉されるゲートあり)。現地にある案内板の「たきがしら湿原の概要」によると、集落は昭和51年に全戸が集団移転したとのこと。放棄された水田跡を平成3年から5年にかけて整備し、現在のような人工の湿原になった。
 宅地はほぼ整地されているため、その痕跡を確認することはできない。最近の地図でも墓地の記号が残されているが、既に移転しているようで僅かに墓石の一部を確認したのみ。地名は大尾不動滝(写真6)の上流部にあることに由来か。
 「角川」によると、町内九島(くしま・くうじま)の七堀に集団移転したとのこと。七堀には町内東山(ひがしやま)茗荷の住民も集団移転している。
 なおHEYANEKO氏によると、当地には七名小学校滝首冬季分校があったとのこと(昭和47年閉校)

 


写真1 園内施設(住宅群跡)


写真2 屋敷跡付近

写真3 湿原風景

写真4 墓の一部

写真5 谷沿いの水田跡

(写真6 大尾不動滝)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ