戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆茗荷(みょうが



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「野澤」(昭和24.12)を使用したものである

在:阿賀町東山(ひがしやま)
地形図:徳沢
/野沢
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる

標高:約220m
訪問:2016年11

 

 大字東山の中東部、東小出川(常浪(とこなみ)川支流)沿いにある磐越自動車道黒森山トンネルの、新潟県側の坑口付近。
 
自動車道の開通により川沿いの多くの水田が道路用地に転用されているが、現在も所々に耕作されているものが残されている。集落内では2箇所の屋敷跡を確認したほか、神社の跡と思われる場所(写真5)も確認。最近の地図でも対岸の山腹に墓地の記号が記されており、これも訪問(写真7)。周辺の集落からの距離を鑑み茗荷の墓地と考えられるが、真相は不明。墓石には渡部氏・石川氏の名が刻まれている。
 「角川」によると、昭和51年3戸が町内九島(くしま・くうじま)の七堀に集団移転したとのこと。七堀には町内七名(ななめ)滝首 の住民も集団移転している。
 なおHEYANEKO氏によると、当地には七名(ななめ)小学校茗荷冬季分校があったとのこと(昭和47年閉校)。

 


写真1 水田


写真2 茗荷橋

写真3 屋敷跡

写真4 屋敷跡

写真5 神社の社殿跡?

写真6 小祠

写真7 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ