戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小滝(こだき)

所在:日光市足尾町
地形図:足尾/足尾 
離村の背景:産業の衰退
訪問:2009年3月

 

 渡良瀬(わたらせ)川の支流、庚申(こうしん)川に沿い、かつての小滝坑を中心とした地区。
 
宇津野・花柄・文象(古足尾)・小滝・銀山平(ぎんざんだいら)5地区からなる。小滝坑があって栄えたが、昭和29年小滝坑閉鎖、社宅撤去となり現在は無住地。(角川)
 銀山平には宿泊施設がある。

 

 

≪宇津野(うつの)

形態:川沿いに家屋や施設が集まる
標高:約630m

 

 小滝地区に入って最初にある。宇津野橋の手前までの地区。かつて火薬庫(明治42年完成)や少数の住宅があった。
 現在は、何かの建物がいくつか残っている(写真1〜3)。

 


写真1 建物


写真2 建物


写真3 建物

 

≪花柄(はながら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「足尾」(昭和21.11)を使用したものである

異表記:花柄平(地形図)
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約650m

 

 宇津野の上流、宇津野橋から古足尾橋までの地区。
 
「角川」には「わずかの住宅が散在する」とあり、現在も滝沢橋付近の道沿いに数軒の空家がある。かつては専徳(せんとく)寺という寺院もあった

 

 

≪文象(ぶんぞう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「足尾」(昭和21.11)を使用したものである

形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約700m

 

 古足尾橋から文象橋までの地区か。『足尾銅山史』の付録地図(大正2年のもの)では、下流より文象(左岸)・畑尾(右岸)・新長屋(左岸)の小地区に分かれており、畑尾には発電所、新長屋の北には学校(小滝小学校・第三中学校)がある。その他にも建物が多く見られるが、 社宅や鉱山関連の各施設だろうか。
 小学校は明治26年銅山私立小の分校として開校。大正7年児童991人。中学校は昭和28年に統合され、小学校は同31年に廃校した。(案内板より)

 


写真1 学校跡


写真2 建物跡


写真3 社宅跡?

 

≪小滝(こだき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「足尾」(昭和21.11)を使用したものである

異表記:古足尾
形態:川沿いに家屋や施設が集まる
標高:約750m

 

 小滝地区の中心地。文象橋から銀山橋までの地区か。小滝坑(廃坑)や選鉱所・精錬所をはじめ、多くの鉱山関連施設や社宅・鉱夫(※)住宅があった。現在は記念碑が建ち、往時を偲んでいる(写真1)。
 なお北夜半沢・南夜半沢・爺ヶ沢・二号地・広道路といった小地区に分かれており、以下のような施設があった(案内板より)。

・北夜半沢 鉱夫住宅
・南夜半沢 鉱夫住宅・病院
・爺ヶ沢 興亜寮(中国人捕虜収容所)
・二号地 小滝坑口・鉱夫住宅
・広道路 所員社宅
 また南夜半沢の対岸(地区名不明。現在記念碑が建っている場所)に、事務所・小滝会館・青葉寮・索道の停車場など

※ 案内板表記のまま。「坑夫」という表記も見られる。

 


写真1 記念碑


写真2 精錬所跡


写真3 坑夫住宅跡

写真4 何かの跡地

写真5 坑夫浴場跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ