戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆ツラカシ(つらかし)



※ この地図は、陸地測量部参謀本部発行の1/50,000地形図「邊土名」(大正12.4)を使用したものである

:国頭村与那(よな)
地形図:与那/仲宗根 辺土名/仲宗根
形態:川沿いと山中に家屋が集まる?
標高:100数十〜200m?
訪問:(2011年1月)

 

 大字与那の東南部にある。古い地図では与那川の支流沿いと、その北東の山中に家屋が分布しているように見える。
 まず支流北東を走る林道より訪問。途中で山仕事の方に会い話を伺ったが、集落のことは知らないとのこと。林道から派生する下り道を1箇所探索してみたが、やや広い平坦地(農地跡?)(写真1)で行き止まり。なお林道沿いには畑や資材置き場など管理された土地も散見される。続いて川沿いより訪問を試みたが、集落の手がかりは全く得られなかった。
 なお付近は琉球大学の演習林になっている。

 


写真1 平地

写真2 畑

写真3 演習林にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ