戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆高江(たかえ/タケー)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「仲尾次」(昭和37.6)を使用したものである

在:東村高江(たかえ/タケー)字高江原(たかえばる)
地形図:安波(内挿図)/国頭平良
形態:海沿いの斜面に家屋が集まる
標高:数十m
訪問:2011年1月

 

 大字高江の東部、国頭村安波(あは)との境界付近にある。集落名は大字の名称にもなっているが、高江の起源は当地ではなく(高江で最初に人が住み始めたのは下新川)、集落の規模もたいへん小さい。古い地図を見る限りでは東・国頭両村に亘っているようだが、村史にはこのような記述はなく国頭側の探索もしていないため、詳細は不明。
 訪問は小浜の上付近の展望台より。集落への道は細く草木が茂っているが、海釣りなどで訪れる人がいるようで歩けるようにはなっている。集落は急な斜面に立地しており、非常に平地に乏しい。確認できた屋敷跡は数箇所。海岸から数十m、僅かに等高線の間隔が開いている辺りに数軒が固まっていたようで、海から少し上がった場所にもそれらしい区画がある。農地も僅かながらあったと思われる。
 村史によると、無人になったのは戦後間もなくとのこと。

 


写真1 集落内の道

写真2 浜

写真3 石垣

写真4 石垣。珊瑚も入り交じる

写真5 遺構

写真6 遺構

写真7 茶碗のかけら

写真8 壜

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ