戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大桁(おおげた)

所在:瀬戸内町古志(こし)
地形図:奄美久慈/湯湾
アクセント:オーゲタ
形態:浜辺に家屋が集まる
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 古志南部の半島、南の浜辺にある。
 篠川(しのかわ)の摺勝(すりがち)の方の話では、かつては4軒
。終戦後に内地に移住し無人になった。姓は積(せき)が2、3軒。周辺の浜辺集落同様、畑でサトウキビや芋・野菜を栽培し、魚や貝を獲って自給自足で暮らしていた。電気はなかった。
 現地では石垣(写真2)が見られたが、屋敷跡はよく分からなかった。

 


写真1 浜

写真2 石垣

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ