戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆カワケン(表記不明)

所在:瀬戸内町古志(こし)
地形図:奄美久慈/湯湾
形態:浜辺に家屋が少数集まる
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 古志南部の半島、南の浜辺にある。
 篠川(しのかわ)の摺勝(すりがち)の方の話では、昭和40年代後半に無人になったそう。周辺の浜辺集落同様、畑でサトウキビや芋・野菜を栽培し、魚や貝を獲って自給自足で暮らしていた。電気はなかった。子供は篠川まで舟で通学していたという。
 現地では、風防のアダンの内側に入るとすぐに水の通り道のようなもの(写真1)が見られた。谷筋であったかどうかは失念。ほか谷の両側に沿って石垣が散見される(写真2)。他の小規模な浜辺の集落の比べ多く見られ、墓地のような雰囲気の場所もある。屋敷跡はよく分からなかった。サトイモのような葉が多く見られるのも特徴的。

 


写真1 小川?

写真2 石垣

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ