戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆桂勝(かつらがち)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「湯灣」(昭和28.12)を使用したものである

所在:瀬戸内町小名瀬(こなせ)
地形図:奄美久慈/湯湾
アクセント:カツラガチ
形態:浜辺に家屋が少数集まる
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 小名瀬南部の海岸沿いにある
 小名瀬の方の話では、かつては3軒。漁撈と畑作で自給自足の暮らしをしており、昭和20年くらいにはまだ家があったという。
 小名瀬より海岸伝いに歩き、アツケの次の浜に到着すると桂勝。アツケと同様砂浜には僅かに瀬戸物のかけらが見られる。浜辺と耕地跡は生垣のようなアダンで仕切られており(防風)、これより内側に入ると段々になった農地の跡が広く見られた。内部はアツケよりも開けた印象がある。谷筋には小川が流れ、岸には石積みが設けられている(写真2)。さらに耕地の南端で瀬戸物や壜・鍋などが散乱した平地を確認(写真3)、石垣も組まれていることから屋敷跡と思われる。

 


写真1 浜

写真2 川の石垣

写真3 屋敷跡にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ