戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆アツケ(あつけ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「湯灣」(昭和28.12)を使用したものである

所在:瀬戸内町小名瀬(こなせ)
地形図:奄美久慈/湯湾
アクセント:アツケ
形態:浜辺の一軒家
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 小名瀬南部の海岸沿いにある
 小名瀬の方の話では、かつては1軒。漁撈と畑作で自給自足の暮らしをしていた。
 小名瀬より海岸伝いに歩くと集落に至る。砂浜には僅かに瀬戸物のかけらが見られ、僅かに生活の跡が窺える。浜辺と集落は防風のため、さながら生垣のようなアダンで仕切られているが、これを抜け内側に入ると歩きやすい。集落では段々になった農地跡(写真2)など平地が広がるが、屋敷跡は分からなかった。

 


写真1 浜

写真2 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ