戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆池ン間(いけんま)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「湯灣」(昭和28.12)を使用したものである

所在:瀬戸内町古志(こし)
地形図:奄美久慈/湯湾
アクセント:イケンマ
形態:浜辺に家屋が少数集まる
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 古志南部の半島、南の浜辺にある。
 篠川(しのかわ)の摺勝(すりがち)の方の話では、かつては2軒。1軒は元来の家(龍(りゅう)姓)で、もう1軒は加計呂麻(かけろま)島からの移住者で姓や動向は知らないとのこと。昭和47、8年に住民が亡くなり、集落は無人になった。周辺の浜辺集落同様、畑でサトウキビや芋・野菜を栽培し、魚や貝を獲って自給自足で暮らしていた。電気はなかった。
 現地では海側に平地が広がり、山側に段々の農地の跡(写真2)が見られる。西端では石を置いた何かの遺構(写真3)があったほか(住居に関連?)、湿地から海に向けて、石を並べた水路のようなもの(写真4)も見られた。

 


写真1 集落遠景

写真2 農地跡

写真3 遺構

写真4 浅い水路?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ