戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆ガヤ(がや)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「赤木名」(昭和28.12)を使用したものである

所在:奄美市名瀬崎原(さきばる)
地形図:名瀬東部/名瀬東部
異表記:賀屋(バス停「賀屋入口」)
アクセント:
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:(2世帯現住)
標高:約210m
訪問:2010年1月

 

 戸口(とぐち)川(龍郷町)と、田雲(たぐも)川に挟まれた山中にある
 在住の方の話では、40年くらい前には22軒があったが現在は2軒
。転出世帯は全てが名瀬に転出したが、7軒の元住民が畑の手入れに通っている。この方もいったん名瀬に転出しており、ずっと暮らしていたのは他の1軒のみ。かつては炭焼きで収入を得ながら、自給用の畑を耕していた。
 現地は市町村界の緩やかな稜線上にあり、農地は隣接の龍郷町にも広がる。農地には作業小屋も散見されるが、いくらかは住宅の跡地を利用しているのだろう。

 

 

◆◆写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ