戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆蛇籠(じゃろう



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「妻」(昭和29.9)を使用したものである

在:西都市(大字なし)
地形図:三納
/妻
異読み:じゃろ(旧版地形図)
形態:川沿いに家屋が少数集まる
標高:約260m(水面は約270m)
訪問:2013年8

 

 三財(さんざい)川の支流、蛇籠川沿いにある。現在は立花(たちばな)ダムの湛水により水没。地図サイトを見る限りいずれの行政字にも属していないが、道路地図では寒川(さぶかわ・さむかわ)に含まれる。
 石垣が組まれた平坦地を左岸に2箇所確認することができたが、これらは満水時に水没するよう。ダムの管理施設には生活感があるが、常駐だろうか。
 『三財の歴史』の「明治初期の村と暮らし」の節において、「蛇籠 四戸」との記述がある。また三財川総合開発事業が着手された頃(昭和34〜38年)には、立花発電所の建設関係者の仮設住宅が建ち並び、ダム近辺では家々の灯火が不夜城を思わせるほどであったという。

 


写真1 ダム堰堤

写真2 段々の平坦地(以下赤い部分はフィルムの感光)

写真3 平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ