戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆日曽谷(ひそだに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「馬路」(昭和28.11)を使用したものである

所在:東洋町野根(のね)
地形図:名留川/馬路
異表記:日増谷?(旧版地形図)
アクセント:ヒダニ
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約100〜250m強
訪問:2012年12月

 

 大字野根の北部、野根(のね)川支流の日曽谷川沿いにある。
 付近の川口(かわぐち)で伺った話によると、かつては10数軒くらい。田や炭焼きで暮らしていたという。無住となったのは平成に入ってからではないかとのこと。
 集落に残る家屋は、東端(下流側)左岸の1軒(最後の住民のものと思われる)と少し上流の廃屋(写真1)のみのよう。離村後に作られたユズ畑に作業小屋も建つが、元々は田であったという。また川口から上流に向かって5、600mの場所にも家屋があるが、古い地図では「棚越川口」とあり別の集落。
 なお日曽谷川の支流の谷に「ハリノキ」(表記不明)という場所があり、分かる範囲で1軒が暮らしていたという(画像)。

 


写真1 廃屋


写真2 屋敷跡

写真3 ユズの木

写真4 奥日曽谷橋

写真5 屋敷跡

写真6 石垣

写真7 道と農地跡

画像 「ハリノキ」と思われる場所

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ