戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆桑ノ川日浦(くわのかわ ひうら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大栃」(昭和28.12)を使用したものである

所在:香美市物部町山崎(ものべちょうやまさき)
地形図:大栃/大栃
アクセント:ウラ
形態:尾根上に家屋が集まる
標高:約600〜700m
訪問:2014年12月

 

 大字山崎、物部川支流の桑(くわ)ノ川左岸側の山中にある。
 桑ノ川中平の方々の話では、分かるもので5軒。昭和30年代から40年代にかけて無住となったという。離村後、墓は中平に移転。岡ノ内(おかのうち)小学校桑ノ川分校が昭和30年頃まで所在し、のち中平に移転したとのこと。なお古い地形図にある「日ノ地ノジ)」はまた別の地名で、集落としては「日浦」と呼んでいる。
 現地はほぼ全域が植林地。狭い尾根上に段々になって農地や家々が続いている。
 『物部村志』によると、当地には応神天王を祀った八幡宮があったよう。

 


写真1 廃屋


写真2 何かの跡地(これと写真3とのいずれかが学校跡)

写真3 何かの跡地(これと写真2とのいずれかが学校跡)

写真4 道と農地跡

写真5 八幡宮跡?

写真6 屋敷跡

写真7 屋敷跡

写真8 屋敷跡

写真9 屋敷跡

写真10 屋敷跡

写真11 墓地跡?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ